footballマガジン

世界のサッカー情報局

ドルトムントFWオーバメヤン、アーセナル移籍が正式決定! 移籍金は86億円に

移籍市場最終日にビッグディールが成立、背番号は「近日中に決まる」と発表

 ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、MF香川真司が所属するドイツ1部ボルシア・ドルトムントからイングランド1部アーセナルに移籍することが正式発表された。

アーセナルオーバメヤンについて「世界で最もレーティングの高いストライカーの一人」として獲得を発表。「背番号は近日中に決まる」としている。

 英衛星放送局「スカイ・スポーツ」は移籍金を6375万ユーロ(約86億円)とレポートしている。

 移籍市場の最終日に決まったビッグディールは、プレミアリーグで6位に沈んでいるアーセナルにとっての起爆剤となり得るだろうか。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

柏、快勝でACL本戦出場決定。タイ強豪にクリスティアーノ2発&伊東で3-0

柏レイソル 3-0 ムアントン・ユナイテッド ACL予選プレーオフ

 AFCチャンピオンズリーグACL)予選プレーオフの試合が30日に行われ、柏レイソルがタイのムアントン・ユナイテッドと対戦した。

 柏は昨季のJ1を4位で終了。3位のセレッソ大阪天皇杯優勝を飾ったことで、繰り上げの形でACL予選出場権を手に入れた。本戦への出場を目指し、昨季タイリーグ2位の強豪ムアントンをホームに迎える。

 大宮アルディージャからの移籍で加入した“新10番”江坂がトップ下に入って先発デビュー。一方のムアントンはヴィッセル神戸移籍が決まっているDFティーラトン、サンフレッチェ移籍が決まっているFWティーラシン、元JリーガーのMFイ・ホ、FWヘベルチらが先発に名を連ねた。

 23分にはクリスティアーノのクロスに合わせた江坂のボレーがわずかに外れるなど、チャンスはあった柏だが前半は無得点。前半終了間際にイ・ホが抜け出した危ない形もGK中村の好守で阻み、スコアレスで前半を折り返した。

 後半立ち上がりの51分には待望の先制点が生まれる。小池の縦パスを受けた伊東がエリア内右サイドに抜け出し、ゴール前へ低いクロス。これをクリスティアーノが押し込んで柏がリードを奪った。

 さらに62分、1点目と同じ2人のプレーで追加点。伊東がディフェンスラインの裏へ送ったスルーパスクリスティアーノが受け、相手DFをかわして自身2点目となるシュートを蹴り込んだ。

 そのまま2点リードで迎えた終了間際の89分には、この日2アシストの伊東が左サイドのユン・ソギョンからのクロスを受けて自らゴール。3-0の快勝を収めた柏が3年ぶりとなるACLグループステージ出場を決めた。

【得点者】
51分 1-0 クリスティアーノ(柏)
62分 2-0 クリスティアーノ(柏)
89分 3-0 伊東純也(柏)

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

シティ撃破のリバプール、得点揃い踏みの3トップに新愛称「スリリング・スリー」

サラー、フィルミーノ、マネらのゴールで4得点 難敵撃破に監督歓喜「歴史的な勝利」

 リバプールは現地時間14日にプレミア首位を独走するマンチェスター・シティを4-3で破った。23試合目にしてシティに今季リーグ戦初黒星をつけた“レッズ”は、超強力3トップが躍動。ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが抜け、「ファブ・フォー(Fab Four)」に代わって、新たに「スリリング・スリー(’Thrilling Three)」の愛称が与えられた。

 リバプールは自慢の攻撃陣で、ペップ・グアルディオラ監督率いる無敵のシティを撃破した。

 前半9分にイングランド代表MFアレックス・チェンバレンのゴールで先制点を奪った後は、後半14分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのループシュート、同16分にセネガル代表FWサディオ・マネの左足の強烈なミドル、そして同23分にはエジプト代表FWモハメド・サラーがGKが飛び出してがら空きのゴールへ約35メートルの距離からロングシュートを決めて計4ゴールを挙げた。

 追いすがるシティに3失点を喫したものの、そのまま1点差逃げ切ったリバプールユルゲン・クロップ監督は「歴史的な勝利」と喜びを爆発させた。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

マン・Cの「爆弾回し」を見逃さなかったサディオ・マネの追加点!

今週のプレミアムゴールは、プレミアリーグ第23節リヴァプールマンチェスター・シティの後半16分に決まった、3-1と突き放すサディオ・マネの追加点!
GKエデルソンのゴールキックから再開した場面だった。シティはリヴァプールのハイプレスに対し、足元でつないで左サイドから運び、下がってきたアグエロがボールキープ。フリーのフェルナンジーニョに渡し、プレスからの脱出に一旦は成功した。
ところが、ここからアレッ、というようなパスが続く。まず、ライン間にポジションを取ったデ・ブルイネがパスを欲しがったが、フェルナンジーニョは展開せず。再び左サイドバックダニーロへ簡単に渡した。前へ運ばない味方に対し、デ・ブルイネは両手を挙げて不満を示す。
そしてダニーロも縦に出さず、結局フェルナンジーニョへ平行パスを戻す。すると2度目は相手にグッと寄せられ、近くの味方へ回避。ボールを渡されたギュンドアンも、鋭いプレッシャーを受けてバックパス。
このバックパスが、右サイドへ展開しろとメッセージ込みのパスだったなら、難なくプレスをはがせたかもしれない。ところが、ギュンドアンのバックパスは、それとは逆の左足側へ。これでは展開も不可能。追い込まれたオタメンディは、サラーの鋭いプレスの餌食となり、ボールを奪われた。そしてショートカウンターからマネに左足でミドルシュートをぶち込まれ、シティは1-3と突き放された。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

流経大柏が夏冬二冠&10年ぶり選手権Vに王手! 豪快ボレー弾で矢板中央を1-0撃破

途中出場のMF加藤が殊勲の一撃、今大会無失点の守備で競り勝つ

 千葉県の雄、流通経済大柏が10大会ぶりの選手権優勝と夏冬二冠に王手をかけた。6日に全国高校サッカー選手権大会の準決勝が埼玉スタジアムで行われ、第1試合は夏の高校総体王者である流通経済大柏矢板中央(栃木)に1-0で競り勝ち決勝進出を決めた。

 お互いに前日の準々決勝からの連戦となったため、前半はプレーに重さが目立った。全体的には流通経済大柏が攻め込む回数が多かったものの決定機を作り出すには至らず、ゴール前に迫るプレーは両チームともセットプレーが主要な状況になった。どちらも先制点を挙げるには至らず、0-0のまま前半は終了した。

 後半に入っても似たようなゲーム展開だったが、試合を動かしたのは交代出場の選手だった。途中出場した流通経済大柏のMF加藤蓮は後半19分、左サイドからのサイドチェンジをペナルティーエリア内の右サイドで待ち受けると、滞空時間の長かったボールをそのまま右足ボレーで叩いた。角度のないところから放たれた一撃は逆サイドのサイドネットに突き刺さり、貴重な先制ゴールになった。

 矢板中央も1点を返すべくその後攻撃を仕掛けたが、今大会無失点を誇る相手の堅い守備ブロックの外側から放つミドルシュートは、枠内を捉えることができずに無得点。このまま流通経済大柏が1-0で逃げ切り、優勝した第86回大会以来10年ぶりの決勝進出を決めた。

 

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

流経大柏、10年ぶりの選手権決勝進出。4試合連続無失点&加藤蓮のスーパーボレー炸裂

流通経済大柏 1-0 矢板中央 第96回全国高校サッカー選手権準決勝】

 第96回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が6日に行われ、千葉県代表の流通経済大柏と栃木県代表の矢板中央が対戦した。

 前半から主導権を握って試合を進めたのは流経大柏。だが相手の粘り強い守備を前にゴールが遠い。一方の矢板中央流経大柏のハイプレスに苦しめられ、こちらも思うように攻撃の形を作れない。

 互いに交代枠を使いながら好機を伺っていた後半の64分、ついに均衡が破れる。DF近藤立都が左サイドから上げたアーリークロスに、逆サイドにフリーで走りこんだ途中出場のMF加藤蓮がダイレクトボレーで合わせる。強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり流経大柏が先制点を奪った。

 終盤、流経大柏矢板中央に攻め込まれる時間も長くなったが、守ってはU-17日本代表DF関川郁万とDF瀬戸山俊のセンターバックコンビを中心に我慢強く対応し、4試合連続無失点で試合終了。流経大柏が10年ぶりの決勝進出を果たした。

 8日の決勝では長野県代表の上田西と群馬県代表の前橋育英の勝者と対戦する。

【得点者】
64分 1-0 加藤蓮(流通経済大柏

 

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

「選手として成長するために…」 浦和の高木がC大阪に完全移籍、駒井は札幌へ期限付き移籍

オナイウはJ2山口へ、田村は福岡復帰を発表

 J1の浦和レッズは5日、所属する4選手の移籍を発表。FW高木俊幸ルヴァンカップ天皇杯の二冠を制したセレッソ大阪に完全移籍、MF駒井善成北海道コンサドーレ札幌期限付き移籍、FWオナイウ阿道はJ2のレノファ山口FC期限付き移籍、レンタル加入中だったDF田村友はJ2アビスパ福岡に復帰することが決まった。

 同日に横浜F・マリノスからMFマルティノス柏レイソルからMF武富孝介の完全移籍での獲得を発表していた浦和が、今度は現有戦力の移籍を発表した。

 26歳の高木は2015年に清水エスパルスから加入し3シーズンにわたってプレー。分厚い選手層を前に出場機会は限られていたが、昨季のAFCアジアチャンピオンズリーグACL)の準々決勝、川崎フロンターレとの第2戦では逆転弾を叩き込むなど印象的な活躍を見せた。浦和を通じて「レッズでの3年間はなかなか継続して出場できず、もどかしい部分もありましたが、みなさんと勝ち獲ったルヴァンカップACLは、自分にとってかけがえのないものです。レッズに来て、ファン・サポーターのみなさんの偉大さ、存在の大きさをあらためて知ることができました」とコメント。さらに「自分が一番印象に残っているのは、浦和レッズに初めて来たシーズンで、なかなか点を取れずに苦しんだときもファン・サポーターのみなさんの励ましがあって、ようやく得点を取れたときにみなさんが自分のことのように喜んでくれたことです。本当にうれしかったです」と、サポーターへの感謝を綴った。

 その上で、「選手として成長するためには、もう一度、新たな環境でチャレンジする必要があると感じ、今回、移籍を決断いたしました。3年間でしたが、浦和レッズの一員としてプレーできたことを誇りに思います」と、新天地へ挑戦する思いを明かしている。

 駒井は16年に浦和レッズに加入。貴重なサイドアタッカーとして活躍したが、「昨シーズンの後半戦は、特にあまりチームの力になれませんでしたが、ファン・サポーターのみなさまの応援が本当に力になりました。札幌でより力をつけて帰ってこられたらなと考えています」と、さらなる出場機会を求めて札幌行きを決断。なお、来季は浦和との公式戦に出場することができないと発表されている。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056