footballマガジン

世界のサッカー情報局

ガンバに完敗した"大阪ダービー"で、なぜ柿谷曜一朗をベンチにも入れなかったのか

f:id:aoigroupinfo:20181008102213j:image

ホームにも関わらず内容でもガンバ大阪に上回られ0-1の完敗

[J1リーグ29節]C大阪0-1G大阪/10月6日(土)/ヤンマー

 そこに背番号8の姿はなかった。7日に行なわれた大阪ダービー。順位で上を行くセレッソ大阪は、同じ街を本拠とするライバルクラブを今回こそ叩こうと気概に満ちていた。だが、ホームにも関わらず内容でもガンバ大阪に上回られ、0-1の完敗を喫した。
 
「本当に、申し上げる話がない。多くの方に足を運んでもらったのに、情けない姿を見せてしまったと思っています。今日の結果は衝撃的で、今は頭の整理がうまくつかないですけど……。選手は諦めずに頑張ってくれましたし、何か、変化が必要なのではないかと思っています」
 
 試合後の記者会見。ユン・ジョンファン監督の言葉は、いつにも増して力がなかった。それもそうだろう。現役時代もC大阪で過ごし、大阪ダービーの重みは理解している。4月にアウェーで対戦した際には、直近のACL広州恒大戦にほぼサブ組で臨み、G大阪戦に主力組を投入したほどだった。必勝を期して挑んだはずの一戦。指揮官は、柿谷曜一朗をスタメンのみならず、ベンチにも入れなかった。
 
 杉本健勇が右肩を脱臼して離脱しており、ヤン・ドンヒョンも外国人枠の関係で使うことはできない。FW陣が手薄となっている状況で、この日の1トップに据えられたのが山村和也だった。前日の練習で左手甲を痛めた中での強行先発で、立ち上がりこそ起点となっていたものの、徐々に存在感はなくなっていき、終わってみればシュートは0本だった。71分からピッチに投入されたのが、今季初出場の澤上竜二。前線で効果的に幅広く動いていたが、本来、求められるゴール前での仕事はできなかった。澤上もシュートを打てないまま試合終了。インパクトを残せなかった。
 
 松田陸の負傷で14分から高木俊幸を起用したことから、流れを変えられる切り札的な選手はベンチにいなくなった。ここに柿谷がいれば――。そう思ったC大阪サポーターは多かっただろう。
 
 なぜ、柿谷はメンバーに入れなかったのか。確かに、週始めは体調不良もあって練習を途中で抜けることもあった。だが、試合前日の練習ではフルメニューを消化。コンディションは問題なかったようで、トレーニング後には山村が負傷したことを問われて「みんな良い準備をしているし、怪我っていうのはどれだけ良い準備をしていてもなるもんなんで。まあ……。(チームは)正念場かな」と話していた。ピッチに立てる状態にはあった。

f:id:aoigroupinfo:20181008102429j:image

コンディションで多少のマイナスがあったとはいえ…

それでもベンチに入らなかったということは、コンディションで多少のマイナスがあったとはいえ、現時点ではユン・ジョンファン監督の中で柿谷の序列が低いと言わざるを得ないだろう。実際に、今季初めて1トップで起用された9月14日の磐田戦で不発に終わると、続く同22日の湘南戦ではメンバーから外れていた。
 
 4歳からC大阪の育成組織で育ってきただけに、誰よりも大阪ダービーに出場したかったはずだ。一方、声援を送り続けるサポーターにとっても、クラブのエースナンバーである背番号8がダービーのピッチにいないことは、寂しさ以外の何ものでもなかった。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

武藤嘉紀が初先発&初ゴール! ニューカッスル、2点リードからマンUに大逆転負け

f:id:aoigroupinfo:20181007150109j:image

マンU 3-2 ニューカッスル プレミアリーグ第8節】
 
 現地時間6日にプレミアリーグ第8節の試合が行われ、ニューカッスルマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込んで対戦。

7月27日に移籍金950万ポンド(約14億円)でマインツからニューカッスルへ加入したFW武藤嘉紀は、ここまでリーグ戦で途中出場を続けていた。ニューカッスルは開幕戦から未勝利の状態が続き、ついにユナイテッド戦で武藤がプレミア初スタメンを飾っている。

 試合開始して7分、縦パスに抜け出したケネディがシュートを放って先制点を決めた。続く10分にはゴール前でパスを受けた武藤が反転してシュートを放ち、GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩してチーム2点目を決めている。武藤にとっては、プレミア初ゴールとなった。

 さらに34分には、DFの背後に飛び出して武藤がヘディングシュートを放つ。決定的な場面だったが、ここはGKデ・ヘアがセーブした。追いかける展開のユナイテッドは70分、ゴール前のフリーキックからフアン・マタが直接決めて1点差に。そして76分、ポール・ポグバとのパス回しから抜け出したアントニーマルシアルにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。

 90分、アレクシス・サンチェスがクロスに合わせ、ついにユナイテッドが逆転。結局、2点リードを守りきれなかったニューカッスルは2-3の敗戦を喫し今季初勝利を逃している。

【得点者】
7分 0-1 ケネディニューカッスル
10分 0-2 武藤(ニューカッスル
70分 1-2 マタ(ユナイテッド)
76分 2-2 マルシアル(ユナイテッド)
90分 3-2 サンチェス(ユナイテッド)

 


https://blog.with2.net/link/?1946056

シティとリヴァプール――。それぞれが自分に「ないもの」を持つ因縁の激突

f:id:aoigroupinfo:20181005164711j:image

言わずと知れた通り、リヴァプールマンチェスター・シティにとってそれぞれ最大のライバルはマンチェスター・ユナイテッドである。前者はイングランドを代表する名門同士として、後者は同じ街に居を構える宿敵同士として因縁の歴史を紡ぎ、サポーターも選手もユナイテッドという大敵に巨大な対抗意識を燃やしている。それと比べれば、「敵の敵は友」とでも言うかのように、リヴァプールとシティの間にはそれほど大きな敵対心があるわけではないし、心からいがみ合っているわけでもない。しかし、それでも互いの存在をどこか“目の上のたんこぶ”だと思っている節は少なからずある。

悲願のリーグ制覇をかっさらわれた因縁の相手

f:id:aoigroupinfo:20181005164910j:image

たとえば、リヴァプールは近年で最もプレミアリーグ優勝に近づいた2013-14シーズンに優勝トロフィーをかっさらわれた相手がシティだった。

ルイス・スアレスダニエル・スタリッジの「SAS」コンビが2人で52ゴールを挙げ、さらに主将のスティーヴン・ジェラードも13ゴール13アシストというキャリアハイの成績を収めたこの年のリヴァプールは、過去100年間でクラブ最多となる総得点「101」を積み重ね、アタッキング・フットボールを存分に楽しんでいた。4月半ばの第34節では、フィリペ・コウチーニョの決勝点でシティとの天王山を3-2で制した。試合後には、ジェラードがチームメートを集め、円陣を組んで目に涙を浮かべながら熱いスピーチを行い、悲願のプレミア初優勝に向けてまっしぐら……のはずだった。

ところがその後、かの有名なジェラードの“スリップ”でチェルシー戦を落とし、続くクリスタル・パレス戦では3点リードを奪ったにも関わらずラスト10分で追いつかれ、まさかの失速。結局、きっちりラスト5連勝でリーグ戦を締めくくったシティにタイトルを奪われた。上述した記録的な総得点数でさえ、セルヒオ・アグエロエディン・ジェコヤヤ・トゥーレがそれぞれ15ゴール超で総得点を「102」としたシティには敵わなかった。

長らくリーグ制覇を目標に戦ってきた名門リヴァプールにとって、千載一遇のチャンスを邪魔されただけでなく、つい数年前に突如としてリーグの中心に躍り出て、喉から手が出るほど欲しいタイトルを次々と獲得していくシティは、嫉妬の対象なのである。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

「乾貴士がおらん」「え、久保裕也は呼ばないの?」サッカーファンは今回の森保ジャパンをどう見た?

f:id:aoigroupinfo:20181005163549j:image

日本サッカー協会が4日、12日のパナマ戦(新潟)と16日のウルグアイ戦(埼玉)に挑む日本代表23人を発表した。

 ロシア・ワールドカップ組からは長友佑都吉田麻也大迫勇也酒井宏樹柴崎岳原口元気が復帰。初陣であるコスタリカ戦に参加した前回招集組からは引き続き、中島翔哉南野拓実、堂安律、浅野拓磨遠藤航、冨安健洋らが選出されている。

 今回の選出に関して、ファンはどう感じているのだろうか。ツイッター上での反応は様々だが、主に欧州海外組については、乾貴士ベティス)、久保裕也ニュルンベルク)らが外れたことを残念がる声も多い。

「香川(真司)外れたねーまあ、そうだよな。てか、乾と久保呼ばないの?」
「あ、そう言えば久保が呼ばれてないやん!なんで?」
「ほぼ予想通りのメンバーだけど海外組でも攻撃陣で一番が調子が良さそうな久保が外れているのが不思議、ロシアの時もそうだしなんか問題あるんだろうか?」
「翔哉くん居る、成くんいる!ユウ様(小林悠)いる!でも乾くん居ない。植田くん居ない…」
伊藤達哉が観たかった…」
 
 また、ロシアW杯組の合流で、コスタリカ戦で勢いを見せた若手との“化学反応”を期待する声も多かった。

「ベテランと若手の融合に期待。スタメン誰になるかなー?今から楽しみだ。柴崎選手は嬉しいけどずっと試合出てないからなー。大丈夫かな」
「ベテラン(W杯経験者)と若手の組み合わせがどうなるのか、楽しみでしかない」
「日本代表の若手とベテランの融合はアジアカップ制覇には欠かせないからな」
「ロシア組常連やった選手と若手のリオ組って感じ。切磋琢磨してほしい」

 森保一監督はチームのコンセプトについて、「全員攻撃、全員守備というところです。コスタリカ戦でも表現してくれました。コスタリカ戦は3点取れて、無失点に抑えられた。相手の力量によって違いますが、バランス良く戦っていきたい」 と語っている。

 若手とベテランの融合。新たな23人は、どんな日本代表を見せてくれるのだろうか。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

 

アーセナルとラムジーの交渉が決裂か?プレミアやセリエA勢が獲得に興味

f:id:aoigroupinfo:20180929091723j:image

アーセナルアーロン・ラムジーの契約交渉が決裂したようだ。イギリス『スカイスポーツ』が伝えた。

今シーズン終了後にアーセナルとの契約が満了を迎えるものの、依然として契約延長交渉が続くラムジー。今夏に就任したウナイ・エメリ監督の下、プレミアリーグの全試合に出場する同選手は、以前に新契約締結に前向きなコメントを残していた。

しかし、ラムジーアーセナル間の交渉は暗礁に乗り上げてしまったようで、このままでは来夏の退団が決定的となる。なお、来年1月から同選手は他のクラブとの交渉を開始し、事前契約を結ぶことができる。

アーセナル退団に迫るラムジー獲得に興味を見せるのは、マンチェスター・ユナイテッドチェルシーユヴェントスミランなど。イギリス『イブニング・スタンダード』によると、中でもミランアーセナルから同クラブのCEOに就任したイヴァン・ガジディス氏の力を借りて、獲得交渉を優位に進める可能性があるようだ。

2008年にアーセナルに加入して以降全公式戦300試合以上に出場するラムジーは、今季限りでクラブから離れることになるのだろうか。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

 

好調キープのアーセナル、“お得意”エバートンを完封。試合のキーマンとなったあの司令塔

f:id:aoigroupinfo:20180924135540j:image

現地時間23日に行われたプレミアリーグ第6節、アーセナルエバートンの一戦は2-0でホームチームが勝利した。ここまでクリーンシートがなかったアーセナルは、ソクラティスを負傷で欠くというアクシデントに見舞われたが、守備陣の集中力は切れず、エバートンを完封。攻撃面ではあの男の存在が光った。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056

 

日本行きも噂されたトッティ、ローマで引退した理由は「キャリアを台無しにしたくなかった」

f:id:aoigroupinfo:20180924135049j:image

元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏(41)が、アジアやアメリカで引退しなかった理由を明かした。米『ESPN』が伝えている。

 ローマ下部組織育ちのトッティ氏は、1993年3月にトップチームデビューを果たしてから、2016-17シーズン限りで現役を引退するまでローマ一筋。他のクラブに期限付き移籍したこともなかった。ローマとの契約が満了し、去就が不透明だった2017年夏には、東京ヴェルディアメリMLSへの移籍が浮上したが、最後までローマ愛を貫き、引退を決意した。

 近年、30歳を過ぎたワールドクラスの選手達がヨーロッパから離れ、アメリカやアジアに移籍する選手たちも増えてきたが、トッティ氏はそれをしなかった。その理由についてローマの王子は「僕の25年間のキャリアを台無しにしてしまっただろう。僕はいつも1つのユニフォームしか着ないと言ってきた。僕は約束を守る人間なんだ」と説明した。

 また、ローマでの最後の監督となったルチアーノ・スパレッティ監督(現インテル)に対しては「最も引退を後押しした人だ」とコメント。確執が騒がれていた指揮官との関係が良好ではなかったことをうかがわせた。

 なお、トッティ氏は現在、幹部としてローマに携わっている。

 

https://blog.with2.net/link/?1946056